トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球 二回目

こんばんは。
八谷です。

img110.jpg

デッサン2回目はデッサンの教本の模写を行いました。
デッサンは3次元のものを2次元に落とし込む作業なので、上手い人の落とし込み方(描き方)を先に勉強する(真似る)事で
自分では発見できない部分を発見でき、自分でデッサンするときの上達の速度を速めると思います。

そのためこの度は教本を見ながら模写しました。
(それはあくまで口上で、本当は自分で実物の球体を見ても、残念なことに
中々立体感を表現できなかったため模写しているという側面もある)

しかし、基本的な形のデッサンの見本を探すのが大変でした。
美術大学の受験に用いられるビーナスなどの石膏像でしたら簡単に見つかるのですが、
球体でかつ見本となるような球体(美大生、美術大学講師等が描いたような)を探すのは一苦労でした。

もう少し球体の模写を繰り返し上級者の技を身に着けたいと思います。
その後模写を生かし実際にデッサンを行いたいと思います。

早く見本が多い石膏像までたどり着きたいです。
スポンサーサイト

球 一回目

こんばんは。
八谷です。

やっと球体のもの買ってきました。
当初は卓球の玉を買いにスポーツ用品店に行ったのですが
ソフトテニス用のボールが白く、遠めから見ると石膏のような色合いでしたので
卓球の球ではなく、ソフトテニス用のボールを購入してきました。

そして念願のデッサン一回目。
結果

球デッサン1

惨敗でした。
難しい。
どう描いたらいいのかさっぱりわからない。

これはまともに描けるまでもしかしたら1年かかるかもしれない。
早くも暗雲が立ち込めている。

時間も計らずに描いたので次回は時間を決めて描こうと思います。
球だとどのくらいの時間がベストなのだろうか?

見逃していました

こんばんは。
八谷です。

手短に手に入るものでサイズは大分小さくなってしまうのですが
「卓球のボール」がデッサンのモデルには適任ではないかとようやく気付きました。
小さいので影の移り変わり?強弱?が見えにくいのかもしれませんが
とりあえず100円ショップなどで購入してデッサン開始したいと思います。

やっと始められるー長かった。
一時は石膏の球体の購入まで考えたのですが、一つ一つ描くにあたって
モチーフを購入していたら、今後大変なことになってしまう恐れがあり思いとどまりました。

球体のデッサンの見本となる書籍も購入したかったのですが、
単純なモチーフということもあり、美術大学関連の受験用の本には載っておらず
探すことはできませんでした。
したがって、当面は今読んでいるドローイングの本の見本に近づける事を目標とします。

少し描けるようになったら受験生が挑戦しているようなモチーフを真似て描きたいと思います。

球体が予想以上に売っていない。

こんばんは。
八谷です。

デッサンに使う木の球体をホームセンターに探しに向かったのですが
近所の店では見当たりませんでした。
発泡スチロールの球体なら発見できたのですが木製の球体は見当たりませんでした。

描くときに多少凹凸が気になりそうですが、妥協して今度発砲スチロールの球体を買ってこようかと思います。

売っている発泡スチロール球体のつなぎ目部分にバリがあるので、削って滑らかにしてから塗装しようと思うのですが、
発泡スチロールはやすりで削るとポロポロと削れてしまい、上手く滑らかにならないのではないかと不安です。

同時に表面の凹凸を無くすために、スプレーで表面を塗ろうと思っているのですが、上手く乗ってくれるのかも不安。
(水性でないと表面が溶けそう)

デッサン用の球体を準備するのも中々一苦労です。
(いっその事探す手間を考えれば、多少高くても石膏の球体を買った方が良いのかも?)

追記:
インターネットを使い石膏像について調べていると、自作で石膏像を作っている方のサイトにたどり着く。
「あれ?もしかして石膏粉末買ってきて自分で型を作れば、市販のものを買うよりも安上がりに球体作れるのではないだろうか?」
と思い調べてみました。

石膏粉末1kg500円位
粘土 200円位
カリ石鹸水溶液1000円位
=大体2000円以内には収まる?

2000円となると市販の石膏像が3500円程度ですので、1500円の差で歪な球体を描くことになるならば、
市販のものを購入した方が良いのではないか?というのが正直な気持ちです。
もう少し安く自作できれば良いのですが、中々難しいですね。
何か良い方法はないものだろうか。

練習計画1

先日の本のトレーニング部分を実践していく。
当面のメニュー
・デッサン:球体
・模写(自分が将来なりたい絵柄作風を持っている作者の模写)

球体を買い次第練習開始します。
100円ショップなどで売られている発泡スチロールの球体は安いのですが
凹凸が描くときの邪魔になりそうなので、ホームセンターで木の球体を買ってきて着色しようと思います。

模写する作品は次まで検討するこことします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。